FORGOT MIX #4 — GRILL BILLYENZ

Forgot imprintのレーベル企画、FORGOT MIX シリーズ第4弾の紹介です。

今回はイリノイのラッパー兼ライターであるGRILL BILLYENZ。彼のリリースを中心に、最新EPの曲まで含めてセレクトしてミックスしてくれました。

個人的には17分ごろからのDeath gripsのサンプリングがツボです。

Grill Billenzプロフィール

GRILL BILLYENZは、未来に耳を傾けることができるラッパーであり、彼をわかりやすく分類することは難しいですが、とてもポップかつユニークなサウンドを作り出すアーティストです。 イリノイ州のアーティストは不思議な動きをしたりノイズでパウンドしたりするトラックをごく当たり前のものとして捉え、レフトフィールド的なソングライティングとプロダクションを自然に受け入れています。

 RAY MESTAD | These Days News (Chicago)

抽象表現主義やシュプレマティズム、アバンギャルドなアートやポップカルチャーに対する見識をもちつつ、未来的な表現を見つめ続けるGrill Billyenz。

非常に瞑想的かつ内省的な作風が特徴で、リリックやトラックにはポップカルチャーへの鋭い切り口がちりばめられています。

彼の公式サイトはこちらから。

grillbillyenz.com

私はこう言うヒップホップ大好きなので個人的に大好きです。強いビートとふわふわ空気を作るシンセサイザーが非常に気持ちいい。歌詞のビートのとり方も非常にかっこいいラッパーさんです。ヒップホップ文化は面白い音源をいっぱい生み出してくれて誠に素晴らしいです。トラップミュージックもどんどん進化して、内省的や実験的なヒップホップが表面に出るようになって、こう言う面白いアーティストさんがいっぱいリリースしてくれるのは嬉しい限りですね。

そんな彼のノスタルジックなサウンドスケープと実験精神溢れるミックスをぜひお楽しみください。

Track list :
FELT
20
YUNG FRANK
LIFELINES
GERANIUM
DEATH
UNPLUG
HAZMAT
GRILLZBERRY DOPE, BOI
DEAR DIARY
AVOCADO
CHILD
SUPERSUIT
BURROWS
WOKE
WHEAT LEE
WHO
MOON

お読みいただきありがとうございました!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *