"Music to file under 'other'."

OMIC is a new side-project from Ian McDonnell – better know as electronic music producer and DJ Eomac – exploring the experimental, the unusual, the idiosyncratic side of his output. Inspired by the idea of ‘outsider’ music and explorative producers like Jim O’Rourke and Arthur Russell, OMIC approaches music without the constraints of genre and style or the ‘dancefloor’ considerations and conventions that are usually present in Ian’s output. Off-key vocal experiments, downtempo electronica, ambient, noise, pop, techno – expect all, any and none of the above.

'Songs of Hope and Frustration'

A1 ‘A Time for Forgiveness’
A2 ‘You Are (An Angel in Disguise)’
A3 ‘Don’t Despair’

B1 ‘Bad Sex in the Age of Pornography’
B2 ‘Set the Controls (Rebirth)’
B3 ‘Empty Landscape’

NOTES BY "OMIC"

This EP is as the title suggest - songs and instrumental tracks expressing themes of hope and frustration.

Hope because I am always hopeful for humanity and I believe that our true nature is kind and loving .

I remain an optimist even in the face of a bleak global, cultural and political landsacpe.

Frustration because I am frustrated with the way we currently live in human society. The greed, hate, intolerance, inequality, the sheer stupidity of so much of it. So many things make so little sense to me and never have.

Track by track:

'A Time for Forgiveness'

- on a personal level it's a track about growing up Catholic and the all the guilt and shame that is ingrained as part of that. And then breaking free from that later on in life. On a broader level it is about learning, or remembering, to be the real you. It's about recognising the messaging and conditioning that everyone grows up with, no matter who we are or where we're from, recognising what no longer is (or never waas) true for us and letting it go with forgiveness rather than anger.

'You Are (An Angel in Disguise)'

- this one is about seeing others as they truly are and in turn seeing ourselves as we truly are. It's about the connection between every living being.

'Don't Despair'

- a simple message of hope, but delivered in a dark and dreary track. Maybe I'm trying to say there's hope in the darkness.

'Bad Sex in the Age of Pornography'

- this one is a critique of pornography. I am anti-porn in my views and this track is an expression of that. All the pain, addiction, dehumanisation and sadness that comes with it. I disagree that porn is a marker of a sexually liberated society. I think the opposite - the ubiquitousness of porn is a symptom of a sexually repressed society, leading to a lot of bad sex (and
often no sex).

'Set The Controls (Rebirth)'

- this track is one of both frustration and hope. The first part of the track talks
about burning everything and bringing death to everyone. Not a physical death, but a death of our current systems, ideas and ways of being. The second part talks about a rebirth for humanity, 'a new way, a new day'. Quite naive and perhaps childlike ideals, but ones that I hold.

'Empty Landscape'

- An empty landscape could be bleak, forlorn, apocalyptic or it could be a fresh start, a blank slate with which to rebuild. It's a choice.

このEPは希望と欲求不満をテーマにしています。

私は常に人類に希望を抱いていて、私たちの本当の性質は親切で愛情深いものであると信じています。

私は厳しい世界的、文化的、政治的な惨状に直面しても楽観主義者のままです。

欲求、憎しみ、不寛容、不平等。そういった多くの愚かなことは、私たちが現在社会で生きることに不満を抱いているから起きることです。
非常に多くのことが私にはあまり意味がなく、これから先も決して意味を持つことはないでしょう。

Track by track:

'A Time for Forgiveness'

-個人的なレベルではカトリックとしての成長と自らの一部として染み込んでいるすべての罪悪感と恥について、そしてその後の人生でそれらから解放されることについての作品です。そしてより広いレベルでは学習、または記憶についてのトラックでもあります。

私たちが誰であるか、そしてどこから来たかに関係なく、誰もが成長するためのメッセージと条件付けを認識すること。そして私たちにとってもはや真実ではない(または決してなかった)ことを認識し、それに対してただ怒るのではなく許すこと。そういったことへの想いから生まれた曲です。

'You Are (An Angel in Disguise)'


-この曲は他の人を真の姿で見ること、そして自分自身を真の姿で見ることについての作品です。

そしてすべての生き物と生き物の間にある繋がりについての曲でもあります。

'Don't Despair'

-この曲に込められたメッセージは希望についてのシンプルなものですが、最終的には暗くて物悲しいトラックになりました。

きっと私は、暗闇の中にこそ希望があると伝えたいのです。

'Bad Sex in the Age of Pornography'

-これはポルノの批評です。私は自分が反ポルノであることをこのトラックで表現しています。

ポルノグラフィーに伴う痛み、依存症、非人間化、そういった悲しみの全てを考えると私はポルノが性的に解放された社会のマーカーであることに同意できません。
ポルノの遍在性は性的に抑圧された社会の症状であり、多くの不幸なセックスへとつながると考えています。(そしてそれは性別に関係なく起こり得るのです)

'Set The Controls (Rebirth)'

-このトラックは欲求不満と希望の両方です。トラックの最初の部分はすべてを燃やし、すべての人に死をもたらすことについてです。肉体的な死ではなく、本当の意味での私たちの死について表現しています。
第二部では、人類の再生、「新しい方法、新しい日」について話しています。かなり素朴で、おそらく子供のような理想ですが、私はそんな想いを持ち続けています。

'Empty Landscape'

-私たちの見る荒涼とした空の風景は、孤独で、終末論的なものかもしれません。

しかし一方では新たな始まりを再構築するための白紙の状態かもしれません。どちらを選ぶか、ただそれだけなのです。